50代の薬剤師は転職することが出来るのか。

ドラッグストア等はどこも人手不足で常に募集している状態

まずポイントその1はドラッグストアや調剤薬局の求人を見つけて応募することです。
病院で働きたいと考えている人も居ますが年齢が年齢のため難しいです。
病院ではいくら今までのキャリアがあっても断られてしまう可能性があります。
ドラッグストア等は店舗数がたくさんありどこも人手不足で足りないと常に募集している状態です。
そのため年齢が50以上でも雇ってくれる可能性がかなり高いです。
ドラッグストアだと病院に比べて給与が低そうと考えている人が居ますがそんなことありません。
病院よりは低めですが給与はまあまあ高く設定されており、努力次第では年収を上げることだって可能なドラッグストアがあります。
以上の理由からドラッグストアや調剤薬局の求人に応募してみると良いです。
その2は正社員を狙うのは正直な所難しいためパートやアルバイトを狙いましょう。
正直な所薬剤師に限りませんが50を超えての正社員はかなり厳しい世の中です。
先程も少し話したように定年までの期間が短いため、今から正社員で雇ってくれるという所はかぎりなく少ないでしょう。
なので、正社員は目指さずにパートやアルバイトで職に就くことを目指してみると採用される可能性が高くなります。
正社員の方が安定しているし給与も高いから正社員じゃなければ絶対に嫌だと考えている人は多いですが、何件募集をしても受からない場合はすっぱり正社員は諦めた方が良いです。
諦めなければ新たな仕事に就くことが難しいからです。
パートやアルバイトの場合は比較的採用されやすい傾向があるため、正社員以外は認められないという強い意志を持った人以外はアルバイト等の求人を受けてみましょう。

求人の探し方次第では50代でも確実に転職することが可能ドラッグストア等はどこも人手不足で常に募集している状態定年がなしと書かれている所へ応募すると更に採用される確率が上がる

薬剤師転職のファルマスタッフ / 薬剤師転職・求人サイトの特長や求人数を徹底比較