【口コミ検証!】キルダケスリムは効かないのか?!

キルダケスリムは効かないとか効果ない、といった口コミがありますが本当はどうなのか?!キルダケスリムの本当の口コミを探ります。

お得な情報

キルダケスリムで赤くなるのは

投稿日:2017年11月1日 更新日:

キルダケスリムを着ていて、脱いだ時に着ていたところだけが赤くなることがあります。それは加圧のせいなのですが、加圧の内容をよくわかっていないと、キルダケスリムのせいで身体に発疹が出て赤くなる!とクレームを言う人が出てきます。

そこで、キルダケスリムを着用して加圧トレーニングをするということが、赤くなるのも含め、どういうことなのかを説明したいと思います。

加圧トレーニングは上肢制限のトレーニングが10分、下肢制限のトレーニングが15分。合計約25分でもトレーニング効果を獲得できます。その最大の理由は、 血液の制限から起こる筋肉内の低酸素化による『速筋繊維群の強化』です。もう一つは、加圧ベルトで静脈側を強く制限することで、血中の乳酸濃度が上昇し、その結果として成長ホルモンが最大で290倍分泌します。他にもアナボリックホルモン、アドレナリンの分泌が盛んになります。

それをすると、身体の血流が一時的に止まることになり、その後、キルダケスリムを脱ぐとそこが赤くなるとのはとても自然なことなのです。通常、筋肥大(筋力アップ)を起こすには、高重量のものを、適切な回数持ち上げる事が必須条件と言われています。しかしながら、加圧トレーニングはこのトレーニングの常識を覆しました。

加圧トレーニングは上記にもあるように、通常とは違うトレーニングメカニズムで行われるので、低負荷で低レップ(少ない回数)でも筋肥大(筋力アップ)を可能にしたのです。しかも脂肪燃焼体質に変わるというのも特徴です。

キルダケスリムは本当に着るだけなので、体力がない人、時間がない人、通常のウェイト・トレーニングなどが苦手な人でもダイエットが簡単にできてしまう燃焼系の身体になるのです。

加圧トレーニングの持っている、『低負荷』『短時間』という特性が、高齢者、機能的な制限を持っている方、トレーニング初心者までをカバーし、幅広い層の方に、適切な筋力アップトレーニングがインナーを着るだけで出来るということになり、大人気商品となったのです。

また、血管には、心臓から血を送り届ける動脈と、心臓へ血を送り返す静脈があります。加圧トレーニングは静脈側をやや強く制限することで腕または脚に一時的に血液が滞留します。流れを塞き止められた川の様に、血液は次に流れる場所を探します。それが毛細血管の拡張に繋がります。

血管の内皮は年齢と共に柔軟性を失ってきます。加圧トレーニングを継続的に行うと血管内皮の柔軟性を向上させる一酸化窒素(NO)が血管内皮細胞に分泌されるというデータがあります。毛細血管を拡張し、血管内皮の柔軟性を向上することで、血液の運搬能力が向上し、血液が運んでいる『熱』『酸素』『栄養』その他免疫系の物質が、スムーズに全身(末端まで)に行き渡ることで、冷えや浮腫、コリなどにもキルダケスリムは有効なのです。

>> キルダケスリムの詳細はこちら

-お得な情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

使用者の感想は?

(キルダケスリム使用者の感想) キルダケスリムの公式サイトにある、使用者の感想やアンケート結果を見ると、1ヶ月着用して5kg以上減量に成功したという回答が45%となっていました。 また、全体的な感想と …